株式会社ビーワン
トップページ
会社案内
製品情報
環境対策用品
浴場洗浄関係用品
ボディケア用品
足湯
防虫用品
ろ過剤
ホテル・旅館関係の備品
お問い合わせ

 特殊業務用洗浄剤・業務用入浴剤・資材の総合商社

ろ過剤
トップろ過剤 > スパイラル
スパイラル
スパイラル
スパイラル

スパイラル
●用途
水槽、浴場、温泉などのろ過。
池や川などの水質浄化。
●特長
・スパイラルの生物ろ過
スパイラルは表面がザラザラした塩化ビニルでできている上、このヒダにより表面積を効 率よく広げる事ができています。
生物ろ過能力は水がろ材表面に形成した生物膜(バイオフィルム)に触れる事によるろ過ですので、生物ろ過能力が表面積に大きく依存します。
さらに、この隙間の多さ(空隙率:82%〜92.4%)が、水の流れを無駄に滞らせず、高い通水性を保ちつつ、スムーズにろ過する事ができる秘訣のひとつです。ただ、いくら通水性が高くても水がろ材に触れずに通過してしまっては意味がありません。
このスパイラルはヒダにより乱流(渦巻き)が起きるようになっています。この乱流により水がスパイラルの表面に高頻度で触れ(=生物ろ過が効率的に行われ)、かつ通水性が維持されているという事です。
また、写真のとおりヒダには大小さまざまな大きさのヒダがあります。まちまちの大きさのヒダがある事により水流に緩急ができます。この水流の緩急によって、好気性のバクテリアと嫌気性のバクテリアとが偏ることなく効率的に棲み分ける事ができています。
そのため水の酸化と還元とを同時に行う事が可能となり、水質が酸性に傾く事を軽減して います。
・スパイラルの物理ろ過
スパイラルのヒダによりおこる乱流は物理ろ過においても大きな影響を与えています。
紅茶に砂糖を溶かす時、紅茶に砂糖を入れ、スプーンでグルグルと渦を作ると砂糖の溶け残りは必ず渦の中心に集まります。
これと同じように水がスパイラルを通過する際に渦巻きが起こる事によって水中の浮遊物(=SS)はスパイラルの中心にある空洞に集まっていき、そこで滞留します。これがスパイラルによる物理ろ過の原理です。
また、スパイラルの中心にある空洞が浮遊物によりふさがった場合は、水の流れが変わり、水がスパイラル内部を通過せず避けて通るようになります。
通常のろ材では浮遊物が徐々に蓄積していく事によりろ材と浮遊物とで水流を邪魔していく状態になり、これによって装置の目詰まりやモーターへの過負荷といったトラブルを引き起こしやすくなります。
これに対しスパイラルの場合、水は浮遊物が溜まってしまったスパイラルは避けて通り、浮遊物の溜まっていないスパイラルの内部を通過し物理ろ過されるようになりますので、浮遊物の蓄積が水流の邪魔とならず、浮遊物が水流を邪魔する事による機器へのトラブルを引き起こしにくくなっています。この点も装置の安全面での大きな違いといえます。
●使用方法
水槽や浴場などのろ過機や外部フィルターに入れるろ材をスパイラルに変えていただくだけです。